2014年8月PAJ ABC講習会プチ同窓会

今年の8月に私自身の原点であるプロジェクトアドベンチャーのABC(Adventure Based Counseling)講習会に復習と初心に戻るために受講しました。何十年前にアメリカ・マサチューセッツ州・ベバリー市にあるプロジェクトアドベンチャー本部で受けたことのある同じ講習会だが、やはり自分の復習と初心に戻る上であの原点に帰るために臨んだ講習会。素晴らしい仲間との出会いと最高のトレーナーとの出会いに今も感謝の気持ちを忘れない。

4泊5日の講習会中宿泊施設のお風呂場は2人くらいが入れるサイズで、計算しているわけでもないのに何故か毎回お風呂場に行くと同じ人と鉢合わせになる。毎晩必ず飲み会が繰り広げられるのだが、最後の方で残っているメンバーも決まっていて必ず自分と彼と後2人くらいがたわいもない話で盛り上がり最後の最後ギブアップせずに残って語り合っていたのが自分と彼であった。

毎日お風呂場で一緒にのぼせないように湯船の上に腰掛けながら語り合った仲間であり、毎日最後の最後夜中遅くまで語り合った仲間であり、偶然にも同じ昭和45年(1970年)生まれの同い年。他にも無数に共通点があると思うのだがおいおい確認しながらさらに深い絆を作っていきたいと思っている。

彼のニックネームはチャッキー!Outward Bound Schoolの冒険教育業界で知る人ぞ知る方だと思う。

彼が先日3連休で関西に来るので帰る前に飲もうということになった。

当日自分ともう一人の親友と2人で昼から門戸厄神駅近くの某病院で入院中の心友のお見舞いに行って3時間くらいだらだらペチャクチャ喋り倒して楽しいひと時を過ごした。親友と梅田で別れてチャッキーと待ち合わせの場所新大阪駅に向かいました。

チャッキーとの念願の再会が実現して心から嬉しい自分はチャッキーの姿を探して見つかった瞬間ハグをするために大きく手を広げて歓迎した。ハグはやはり欧米化かもしれないと思ったのはハグしようと思ったが握手で収まったのは、やはり自分はかなりオープンすぎて欧米化しているのかもしれないなあと思った瞬間だ。

話を聞くと今夜東京に帰らず泊まることになったというので時間を気にせず飲みながら語り合えるとお互いに気がすむまで語り合おうという心が一致し、まずホテルにチェックインしてもらい荷物を置いて身軽にしホテルの道を挟んで目の前の居酒屋で乾杯!

ビールからというのは日本の常なんでしょうなあ。居酒屋の入り口に「大漁」という旗が上がっていたので刺身三種盛りやタコのてんぷらなどを頼み、チャッキーが温かいのが欲しいとの事で辛いキムチもつ鍋を注文。

いやあ、プチ同窓会というのかABC講習会の時と同じ最後の最後に残った2人が飲みながらあの時の会話の続きをしている感じで自然と話が弾んで行く。あれ以来のお互いの話の中で、チャッキーは長野県のクロちゃんに2度会ったよという話しでクロちゃんの思い出話で盛り上がったり、家族で北海道に旅行に行って大自然を満喫したという話しなど。自分はあれ以来必死になってネットワークを求めて冒険教育研究会や大阪PACEやアドベンチャー教育フェスなどに参加して素晴らしい人たちと出会えたことを報告したり。正にプチ同窓会らしくお互いの近況報告も交えながら最終的にはあのABC講習会の頃に戻ってあの時のあれこれで盛り上がったり最高の杯を交わした。

18:30過ぎから始まり気がつけば23:30過ぎまで延々とトイレにもそんなに行かずに最高に情熱に燃えた男臭い2人が時間と空間と酒を自分たちの好きなように料理して2人の心にスパイスを大量に入れまくるので濃い時間と濃い空間と濃い絆がどんどん良いプラスのスパイラルにどんどん乗り上げて行く。

日本の未来の冒険教育に乾杯して別れた。

男と男の固い約束は本物だ!

IMG_2081

IMG_2080


我が家の大掃除

我が家の大掃除がスタートしました!(◎_◎;)

我が家の大掃除は普段動かせない家具や大型家電もどかして天井と壁の拭き掃除から始まります(◎_◎;)

1年の邪気をお祓いする感じです^_^

毎年億劫に思うところから始まるのですが、最後全て終わったら冗談なしに全身全霊スッキリして心が晴れ渡るんでまぁ良いっかってなる訳です^_^

師走の忙しく更に寒さが厳しくなる季節、どうかみなさん体調を壊さないよう呉々もお気をつけくださいm(_ )m^^

IMG_2051-0.jpg

IMG_2053-0.jpg

IMG_2052-0.jpg

IMG_2054-0.jpg

IMG_2055-0.jpg

IMG_2056-0.jpg


ALL関西教育フェスタの有志達

今週末11月22日23日の1泊2日 大阪府立少年自然の家(大阪府貝塚市)にてALL関西教育フェスタが開催されます。

IMG_20141108_0001

http://tcjapan2014.wix.com/allkyouikufes

情熱ある大学生が集まって夜通し熱く語り合うというイベントです。

彼らの思いや夢やロマン、日々の生活での疑問や悩み、様々な話題が飛び交うんでしょうね。

青春です。

数ヶ月前に実行委員会の有志と熱く話し合いをさせていただき、全力でサポートしようと決心した自分。

その後何度かスカイプミーティングを行い彼らの情熱と斬新なアイデアに感動しました。

そして先日スカイプミーティングで声だけ知っているがまだ見たことも会ったこともない実行委員メンバーと最終打ち合わせをしました。初顔合わせにやはり彼らの表情やエネルギーや発信する波長を感じながら話し合うのはスカイプミーティングとは違って何百倍も良いです。

私自身も彼らに刺激されて更にレベルアップできる機会を与えていただいたことに感謝しています。

彼らのこの手作りイベントが必ずや成功することを祈りながら自分もイメージトレーニングと準備に取り掛かります。

IMG_1963

 


【海外修行回想】人生観を変えてくれたネイティブアメリカン(インディアン)と貧富&差別問題【カナダ時代】

ネイティブアメリカンいわゆるインディアンのイメージはみなさんの中でどのような感じなのでしょう?

当時21歳の自分は「10人のインディアンボーイ」「One little two little three little Indian….ten little Indian boys」という歌を知っているだけの無知な人間でした。彼らのことを調べたことも調べようと思ったこともなかったと思います。

まさかカナダにネイティブアメリカン(インディアン)がいるなどこれっぽっちも思っていなかったしネイティブアメリカンというくらいなのでアメリカに住んでいると思い込んでいました。

海外生活トータル約13年間のスタートとなった1年目に出会った彼らとの交流で私の人生観が大きく深く強く変わったであろうと振り返れば振り返るほどそう断言できます。写真は実際に交流させてもらった生粋のネイティブアメリカン(インディアン)と彼らの全てを尊重する方々のお祭りでの一部シーンです。

Canada 322

Canada 333

 

Canada 314

Continue Reading…


意識の高さと絶品鍋に感激!!

ある方からのお誘いの言葉に甘えて先日某所にお邪魔しアドベンチャープログラムを見学させていただきました。

最初から最後までスタッフの意識の高さに感激しっぱなしの毎日でした。

到着した時はまだスタッフの方々が出勤されるより1時間も早く警備員スタッフの方がおられたのですが、年配のその方が気持ちよく「おはようございます」と挨拶してくださりお手洗いや駐車場のご案内をしてくださいました。見知らぬ地に来て最初に出会った真摯で年配の男性スタッフに歓迎されたおかげで健やかな始まりを迎えれたのです。自分にとってこの場所が一変に好きになったのは言うまでもありません。

毎晩暖かい人生初の鍋をつつきながら感動!

IMG_1952

まだ始まったばかりでここから感激が続くのです。

Continue Reading…


【海外修行回想】危機一髪!逆走の巻【カナダ時代】

カナダに滞在して1年経った頃は大分慣れてきたはずなのだが、油断するととんでもないことになってしまう。

慣れは怖い。マイナス10度のカナダを過ごした自分が日本に帰国した際の冬は暑いと半袖で過ごした。あれだけ涙したオーロラを単色のオーロラに見慣れてしまうと涙が出なくなる。毎回感動するが、最初に見たときの自然と出た涙は出ない。慣れは怖いものである。

現地の人と同じようにマイナス10度くらいなら半袖で外を駆け回りカナダの子ども達とストリートホッケーをハアハア汗かきながら大騒ぎ。自分の少年時代はもっぱら野球が主流でプロ野球選手になることが男の子皆の最初の夢といっても大げさではなかろう。カナダの子ども達はアイスホッケーが僕らのそれに当たる。アイスホッケーがとにかく大人気で同じ道具を使って道端で技術を磨くのである。1996年アメリカ・ジョージア州・アトランタで行われたアトランタオリンピックで働いた時、アトランタの子ども達はストリートバスケットボールが主流でスリーオンスリーで楽しんでいた。住む場所によっても何が主流かは違うのでその環境で育った子どものスポーツ事情を観察するとなかなか面白い。

Canada 71

Canada 73

車の運転も1年も経てばお茶の子さいさい(死後?)で周りの景色を楽しむ余裕も生まれて快適に風を切る、そんな自分に酔いしれたエドモントンの風は一味違ったのである…

Continue Reading…