マサイ族の歩き方が楽しい!

歩くのが楽しい!

先日、ちょっと散歩&ウォーキングと思ってスタートしたのですが、調子に乗って山奥までコースを伸ばして2時間半くらい森林浴でリフレッシュできました。

IMG_2558

最近購入したスーパー・シューズ「MBT」は、マサイベアフットテクノロジーというらしいです。

素晴らしい身体能力と美しい姿勢、背中や関節のトラブルとは無縁なことで知られるアフリカの半遊牧民族マサイの人々の生活から「自然の不安定さ」を実現させた靴なんだそうです。

実際に履いていて、すごくビックリするのが、その靴を履くと姿勢が伸びて、履いている間は姿勢が良くなった気になれます。

シーソーのような靴底のデザインのお陰で、本当に「自然な不安定さ」で踵の方に重心が後ろに下がった感じになり、最初はすごく違和感がありますが、歩いていると背中から足の後ろ側の筋肉を無意識に使っているようです。

階段を登ると顕著になるのですが、ふくらはぎと太ももの後ろの筋肉とお尻の筋肉をしっかり使っているのがニタニタするくらい分かり、ウォーキングが楽しくなってきました。

いやあ、地道に楽しくダイエットします。


温故知新^_^

Kurt Hahn博士のドイツ時代はどのような生活をしていたのか?何故イギリスに追放されたのか?

彼が1941年にアメリカのアバードヴィースクール(Aberdvey School)に移った理由は?

同じ頃に何故?イギリスでパウエル(Lord Baden Powell)はボーイスカウトを結成し、YMCAも同じ頃に結成されたのか?時代背景は?。

アバードヴィースクールの経営者でフィリップスアカデミーに「The Break」という冒険教育プログラムを成功させたジョッシュマイナー(Josh Miner)とカートハーン博士がお互いに引き寄せられた縁で生まれたアウトワードバウンドスクールは何故、どのような過程と想いがぶつかり合って生まれたのか?

そして、1970年代どのような時代背景でどのような経緯や物語の過程を積み重ねてPAという組織が立ち上がったのか?

歴史の紐を解いてみてくださいm(_ )m^^

もっともっとあの頃から関わった人たちの願いや想いを想像しながら学び、今こそ私たちみんなで精神や情熱を引き継いでいければなぁと願っています^_^

体験教育協会 AEE (Association for Experiential Education)はご存知ですか?

チャレンジコース技術協会 ACCT (Association for Challenge Course Technology)はご存知ですか?

是非覗いてみてください^_^

https://www.facebook.com/acctinfo/posts/10152750597212955


ルーツ

ある人からイニシャチブ・ゲームはどうしてそう呼ぶのか?という質問がありました^_^

それに誠実にお答えしたら、長年ファシリテーターをしていたにもかかわらず、今この瞬間に初めて理解できました!と

まだまだ正しく伝わっていなかったり、間違って伝わっていたり、上辺だけなのにそれが全てと思い込んでいたり、

そんな中でACCTが最近投稿したのを紹介します^_^

自分も含めて皆さんと一緒にもっともっと深くルーツや歴史、その場に関わった人たちの想い、過程、など、探求し想像し学び、より理解を深めていけたらなぁと思います^_^

https://www.facebook.com/acctinfo/posts/10152750597212955


MBT

IMG_2406

IMG_2405

ある人から「MBT」が一番歩くときに効果があって良いよ!

姿勢も自然に良くなるし、ハムストリングといって大きな筋肉を鍛えてくれるから、代謝も良くなるから。

「ダイエットには絶対良いで〜!!」

信じて購入しました(笑)

IMG_2404

これで頑張って歩きます!!

効果が出るかどうか・・・???(笑)

また報告します(笑)


十日恵比須

たこやきの妹は、妹の友達と一緒にヘアーサロンをスタート。去年の11月末から京都の阪急嵐山線・上桂駅から徒歩10分の所に完全予約制ヘアーサロン「Sayang」ネイルアート&ブリザードフラワー&着物着付けをスタートしました。

という訳で、妹と甥っ子ちびすけと人生初・今宮戎神社にて十日恵比須の参拝に行ってきました。

IMG_2400

元旦に氏神さん、この間伏見稲荷大社、そしてこれで三社参りみたいな感じになりました。

2015年はいよいよtryworldの本格的な活動をスタートする大切な年です。

電車に揺られて地下鉄・御堂筋線・大国町駅に降り、甥っ子ちびすけを抱っこしながら何となくみんなの歩く方向についていきながら到着。

ありゃりゃ〜、予想以上の人の群れに唯心を抱っこしながら揉みくちゃにされながら(汗)ちびちび前に進む。初めての体験だから、ちゃんと神前まで行ってお賽銭を投げてご挨拶したいので、ちびすけを守りながらやっとこさお賽銭を投げて無事ご挨拶(汗汗)

IMG_2401

 

IMG_2402

と、気づいたら揉みくちゃにされている間に、赤ちゃんを抱っこしながら包み込む防寒着が剥がされているではあ〜りませんか(泣)

社務所に行っても届いてない。警察に紛失届を提出し、「もし届けがあったら着払いで送ってください」とガックリしながら、帰る途中にカフェで一休み。苦手な人混みに酔ってしまいました(泣)。

カフェから出てもまた、人混みに揉まれながら難波までテクテク歩き、そう、ある人から「すごく良いで」と聞いたMBTの靴をゲットして、人生初の熊手と笹を片手に無事帰宅しました。

パソコンのテーブルに飾ったので、えべっさんに見つめられながら仕事したいと思います(笑)

IMG_2403


人生初 伏見稲荷大社

お正月に一本の電話が鳴り、「神様に挨拶に行こう!」と中学時代の悪友から電話がありました。

彼らは昨年、tryworldを始めるにあたって最初から力を貸してくれている仲間です。

私自身は一人で石清水八幡宮に行こうかなと思っていた矢先に、そのような声かけをしてくれたので、本当に嬉しかったですね~、そこまで親身に思ってくれているんだな、って。

彼らはほんとうに心の底からの友だちだよな・・・と再認識しジワジワと涙がこみ上げてきました。

というわけで、先日、中学時代からの一番気の知れた友だちと伏見稲荷大社でお参りしてきました。

実は私にとって伏見稲荷は初めての場所で、京都から奈良線に乗るのも生まれて初めてです。

稲荷駅に着くや否や人の多さに圧倒されました。

駅を出たらすぐそこは伏見稲荷大社に続く参道で、沿道には屋台が並んでいて、お正月ならではの日本情緒を感じながら本殿に向かってゆっくりと歩きます。

柄杓の持ち方や手や口の清め方を悪友に教えてもらいます。

(慣れていないと難しいもんです)

右で持って左手を洗い→左手に持ち替えて右手を清め→右手に持ち替えて左手の平に水を貯めて口をゆすぎ→柄杓を立てて柄杓の柄を洗って終わる・・・というのを水を汲み直さず一杯の水で完結させるという所を知らずに2回柄杓に水を汲んでやりました(苦笑)。

お稲荷さんが迎えてくれています。両端にいるお稲荷さんの口には違うものを加えていましたが、何か分からないまま記念写真をカチャッ(笑)

IMG_2390

IMG_2393

本殿でお参りした際、声には出しませんでしたが「郵便番号○○△△住所□□~何処何処からきました波多野貴史と言います〜はじめまして〜よろしくお願いします」と長々と心でお話してお参りをし、友だちを待たせてしまいました(苦笑)。ちょっと反省。

おみくじは「吉」。

「このみさとしは、これ迄は心安からずにいたが、次第に良いきざしが見え初めた兆である。しかし物事の始まりであるから、何事も気永に行えば所願成就する」

「はは〜」と素直に受け入れ、精進します。

IMG_2398

これでお参りは終了。

帰り道にも沿道にはたくさんのお店が並んでいて、スズメやウズラの網焼きから誘ってっくる煙と美味しそうな匂い、甘酒の匂いなど、後で悪友の一人が「立ち寄りたかった~」と言っていて、私も頷いてました(笑)。

今回は時間の都合で、たくさん立ち並ぶ鳥居奉納の入り口付近のみ記念撮影して帰りましたが、次回は人気の少ない早朝にお邪魔して有名な鳥居奉納が無数に立ち並んだところを頂上まで登ってみたいです。

IMG_2397

その日の夕方は一緒に行った友だちと今年のtryworldに関して少し打ち合わせをし、夜18:00から他の中学時代の大親友たち揃って新年会で腹の底から笑って、素敵な年初めを過ごすことができました。

みんな、本当にありがとう!


「Global Leadership Workshop」当日・最終章

「Global Leadership Workshop」最終章となりました。たくさんの発見がそれぞれの心であったようです。

Continue Reading…


「Global Leadership Workshop」当日午後②

「Global Leadership Workshop」当日午後①の続きです。

DSCF8331

Continue Reading…


「Global Leadership Workshop」当日午後①

「Global Leadership Workshop」当日午前④の続きです。

Continue Reading…


2015年 謹賀新年

年賀状 ➡︎ 2f6c4c6ff148948633c24afc4d27ab35.pdf

 

IMG_2347

IMG_2351