Gidax 心のこもったカメラマンに感激!

tryworldはいま現在、合計3名のカメラマンに協力してもらっています。

先日夜の11時ごろ、一本の電話が入りました。

Gidax「3時間睡眠って大丈夫な方か?」
たこやき「???」

Gidax氏は上記のようにtryworldに参加してもらっているカメラマンの筆頭です。
技術はもちろんのことですが、個人的にも長い付き合いなのでいちばん信頼し、気心の知れているフォトグラファーなのです。

Gidax「未明3時頃に出発して滋賀県湖北で写真撮影するけど、一緒にどう?」
たこやき「是非是非!初めての同行やからむっちゃ楽しみやわ! どんな格好で行けば良いんかな?」

Gidax「あったかい格好。俺は下のズボンは二枚重ね着するし、上もあったかく着重ねる。とにかくスキーみたいに動くわけやなく、じっとしている時間の方が多いから寒なるで」
たこやき「そっか、分かった!」

電話を切って早速、服の用意をして残り3時間弱の睡眠を大切にするために(笑)すぐベッドに入りました。

そんな写真撮影の同行体験をレポートしたいと思います。

Continue Reading…


【海外修行回想】真冬の神秘【カナダ時代】

カナダの真冬は神秘的です。

以前お話ししたオーロラがその最も代表的なものですが、それ以外にもダイヤモンド・ダストやフォー・フロストなど厳しい自然だからこそ美しく神秘的な自然現象を見せてくれるのです。

Canada 35

Continue Reading…


【海外修行回想】スタンド・バイ・ミー 【カナダ時代】

2015年、新年始まって初の【海外修行回想、カナダ時代】シリーズをお届けしたいと思います。

20年以上前、カナディアン・カヌーに生まれて始めて乗りました。

オールを一生懸命漕ぐ自分に、カナダの友人は「Keep Paddling! As long as your life keep going, Keep Paddling!!」「漕ぎ続けろ!お前の人生が続く限り、漕ぎ続けろ!」と・・・

Canada 215

Continue Reading…


約20年ぶりのスキー!筋肉痛が...(泣)

2月の立春とは裏腹に相変わらずの寒い今日この頃ですね。

先日、夜に中学時代の旧友から突然の嬉しい電話がリリリーン♪

「明日一緒にスキー行く?」

彼は本業とは別に、大学時代から長年某スキースクールでスキーインストラクターをしていて、明日あるグループの子ども達に教えるインストラクター達のサポートと全体の安全を監督(巡回するというそうです)しに行くので、良かったら便乗しない?と誘ってくれたのです。

「一緒に行く!!」

IMG_2626

記憶が正しければ、1995年〜1996年冬、アメリカはメイン州の北に位置するRangely(レインジリー)という小さな小さな町にあるRangely Ski Resort(レインジリー・スキー・リゾート)という所で、アシスタント・マネージャーとしてインターンシップをさせてもらった時以来のスキーでした。

あの阪神大震災があった日も、このスキー場で仕事をしておりニュースを見て急いで家に電話し、毎日ニュースを見ては家族と連絡を取り合っていたことを思い出します。

メイン州でのお話は【海外修行回想】シリーズでそのうちご紹介しますね。

今回は約20年ぶりの神鍋スキー場でのお話です。

Continue Reading…


HAP指導者研修会

先日、嬉野台生涯学習センターのHAP(Hyogo Adventure Program)の指導者研修会があり、当然私も参加しました。

あいにくの大雨で室内の研修会となりましたが、非常に充実した空間でした。

その時の様子をレポートしたいと思います。

担当者の偶然の発見か、Human Ladderの棒が見つかったということで、Human Ladderをファシリテーターの皆さんと色んな形でチャレンジしながら、その棒を使って違う遊びに展開し、流石ファシリテーターの方々の自由なアイデアで単純に声を合わせて自分の持っている棒から隣の人の棒に移ってキャッチするというゲームが回転してやってみようとカラフルになっていきます。

IMG_2421

Continue Reading…