希望

このブログからの発信はかなり久しぶりだと思います。メルマガもブログも何せ書くことが苦手なのでなかなか手がスラスラ進みません。そうなんやけど自分はチャレンジしていきたいから不定期で期間も開きますが継続していこうと思っていますので、どうぞ宜しくお願いします。

信頼おける方々と語り合う機会があり、昨日の夜も遅くまで宝塚市内のガストであるファシリテーターと語り合ったお陰で希望がどんどん湧き上がってきています。一夜明けての今、高速バスに揺られながら名古屋に向かっているのですが、興奮が冷めません。

詳しいことは何も言えないのですが、たこやきの周りでいろんなことが起こったり動いていたり話されていたりしていて、多少なりとも将来tryworldがお役に立てる可能性があるかもしれないことに更に興奮して希望で満ち溢れています。

マジで武者震いしています!

tryworldは私が死んでから100年後になっても良いので、日本発祥の世界で活躍する地域&人材育成に貢献する組織団体になっていってほしいと本気で願っています。ハワイ時代にYMCAなど欧米発祥の団体が多い中で日本発祥のYMCAに匹敵する組織団体を作りたいという野望を抱き出しました。日本の和や禅、やまとびとの心、大和の文化や哲学、日本の美、食、武道などを日本の皆さんにはより理解を深めて自分たちのルーツに誇りを高く持ってもらい世界の方々と対等に自信持って交流してもらいたい。海外の方々にはそういった日本の素晴らしさを是非参考にしてもらいたい。そして勿論ですがチームビルディングやアドベンチャー教育や体験教育も活用したい。

そんな100年後のtryworldを目指して基盤や土台作りを自分が生きている間に行いたい。ミッションをしっかり持ってベイビーステップを確実に踏んでステップアップしていきたいと思っています。

お天道様のいたずらで徐々に素晴らしい才能溢れた仲間と引き寄せあい、今年の一年はより丁寧にそういった仲間のみんなとコミュニケーションを図ってtryworldチームを焦らず慌てず双方の心地よいペースで丁寧に向き合って築き上げていきたいなあと考えている今日この頃です。

そしてお互いに切磋琢磨を続けていきたいとわくわくしています。

たこやきは仲間のみんなとトライ&エラーを重ね我々がチームビルディングプログラム参加者に願う前に自らが大切な要素を実践しチャレンジしていき、失敗も楽しみながら生きていきたいと思います。

先ずはたこやき自身のピン芸人としての自立を目指して頑張ります( ̄^ ̄)ゞ

そしてフルバリューやアロハスピリットが本当にあるtryworldを目指します。

今滋賀県彦根市を通過しているようです。名古屋でのチャレンジとご縁に心から感謝しながらバスに揺られて一人興奮していますf^_^;

これからも叱咤激励のほどどうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m

  


『その先を見る』

先日のメルマガ記事なんですが、とっても良い話なのでメルマガ読者の方々以外にも是非シェアしたいと思い、ブログを活用してご紹介。

メルマガ登録 ご興味あればお待ちしております!

↓↓「波多野貴史(たこやき)のメルマガ」登録画面

たこやきのメルマガ 登録画面

 

『その先を見る』

アロハ〜( ´ ▽ ` )

たこやきです。

昨日、親友から良い話しを教えてもらいました。

つまらないのは

***************************

面白い仕事と面白くない仕事というのはない。

面白い仕事のやり方と

面白くない仕事のやり方があるだけだ。

大前 研一

***************************

松下幸之助さんのお話に、こんなお話があります。

+++++++++++++++++++++++++++

ある日、幸之助氏が、工場でつまらなそうな顔をして電球を磨いている従業員に、

「あんた、良い仕事してるで~」と言ったそうです。

「毎日、同じように電球を磨く退屈な仕事ですよ。」と愚痴を言う従業員に、

幸之助氏は、「本読んで勉強してる子どもらがおるやろ。そんな子どもらが、夜になって暗くなったら、字が読めなくなって勉強したいのにできなくなる。」

「そこであんたの磨いた電球をつけるんや。そうしたら夜でも明るくなって、子どもらは夜でも読みたい本を読んで勉強できるんやで。」

「あんたの磨いているのは電球やない。子どもの夢を磨いてるんや。」

「暗い夜道があるやろ、女の子が怖くて通れなかった道に、あんたが磨いた電球がついたら、安心して笑顔で通れるんや。」

「もの作りはものを作ったらあかん。その先にある笑顔を作るんや。」

+++++++++++++++++++++++++++

「その先を見る」という想像力に、自分らしさを発揮するチャンスが隠れている。

どんな仕事にもこれは言えるのではないでしょうか。

それは一本の電話をかけ続けることかもしれない。

毎日同じ話をし続けることかもしれない。

毎日同じ書類のチェックやデータ入力をすることかもしれない。

でも忘れてはいけないのが、その一つ一つが未来を作るのだということ。

または今に感謝するためであることを。

それが本当のプライドに繋がっている。

何かに活用して下さい。

 

マハロ〜

たこやきより( ´ ▽ ` )

 

★追伸★

イベント開催のお知らせです

《名古屋》

3月26日(土)

『人間関係で悩んでいるそこのあなた! 安心する場所を一緒に作りませんか?』

3月26日(土)イベント詳細&正式申請 こくちーずプロ

 

3月27日(日)

『学級運営の最初が肝心! クラスをチームに変えたい先生大集合! チームビルディング体験会in名古屋』

3月27日(日)イベント詳細&正式申請 こくちーずプロ

 

《大阪》

5月14日(土)@クロスパル高槻にて実施決定

企画募集中!!

 

以前お知らせしていた3月と4月に予定していた他のイベントは諸事情により延期か中止になりますことを心からお詫び申し上げます。大変申し訳ありません。

今後も不定期ではありますがお役に立てるイベントを次々と企画実施していきたいと思います。

あなたからのリクエストも募集していますので、気軽に返信してください。

 

メルマガ登録 ご興味あればお待ちしております!

↓↓「波多野貴史(たこやき)のメルマガ」登録画面

たこやきのメルマガ 登録画面

 


【メルマガ記事紹介➖その②】No.4『意識してshadowing、これ大事!』

昨日の続きですが、去年12月から始めた「たこやきのメルマガ」の記事を一部ご紹介したいと思います。拡散大歓迎です!

もし良ければ「たこやきのメルマガ」にお友達と一緒に登録してみてください。

波多野貴史(たこやき)のメルマガ登録画面

それでは第4回目の記事をご紹介します。

第3回目の続きになりますので昨日投稿したブログ記事から続いてお楽しみください。

 

No.4『意識してshadowing、これ大事!』

 

アロハ〜( ´ ▽ ` )ノ

たこやきです。

 

前回のメルマガNo.3の話の続きになりますが、

心理学の初っ端の授業で

教授のなんとも匠なマジックと言いますか、

 

知らず知らずに心地よく

自分たちが自ら喜んでというか

 

自然と活動しながら

自然と知らない間に

ふと振り向いて

 

気づけば、名前をちゃんと言えるようになっていて、

すごく親近感をみんなに抱いている。

 

彼が何か指示したわけでもなく

とても口数少ないファシリテーションを通して、

 

すごく居心地の良い空間と環境が整っていました。

 

たこやきは衝撃を受けました。

 

何やこれ??

 

一体何ていう活動なんや?

 

プロフェッサーに一目散に駆け寄り

 

「先生、さっきの何ですか?」

「What was it all about!!??」

 

彼はニコッと振り向き、教えてくれました。

 

「Taka, it’s called“name toss”」

「タカ、あれは“ネームトス”っていうのさ」

 

たこやきは質問攻めにします。

 

「So, what-else do you know?」

「で、他にもどんなの知っているんですか?」

 

「Well, too many.」

「そうだな、数え切れないほどだよ」

 

「How can I learn?」

「どうすれば学ぶことが可能ですか?」

 

「Find out it’s called・・・・Project Adventure!!」

「プロジェクト・アドベンチャー・・・・調べてみなさい。」

 

速攻たこやきは、図書館に行き

一番大好きで自分のことをいつも助けてくれた

図書館のおばさんライブラリアンのベティーに

手伝ってもらいました。

 

それらしき言葉が入っている文献や本を

片っ端から探してってお願いし

 

プロジェクト・アドベンチャーという言葉が載っている全てを

ベティーとかき集めました。

 

これが、

私とプロジェクト・アドベンチャー

という存在の出会いだったんです。

 

調べてみたら、目と鼻の先にある

同じベバリー市内

ハミルトン地区に本部があるって

そう書いてあるんです。

 

プロフェッサー知ってるんやったら教えてや〜

 

こんなに時間かけて

あれこれ本をかき集めんでも良かったやんか〜。

 

この辺も今考えると

プロフェッサーのファシリテーターぶりが感じ取られます。

 

その本人の心の底から湧き出る感情

 

心から願う好奇心や向上心を

「大切にしてもらいたい」と思うからこそ

 

答えは言わない。

 

真の喜びは自分の力で

苦労して掴んだ

その瞬間に込み上げてくるものです。

 

聞き取り調査やいろんな形で

調べ続けてみると

 

エンディコット大学から

自転車で通えるくらいの近い距離に

「実はベバリーYMCAが凄い」という情報。

 

ベバリーYMCAがプロジェクト・アドベンチャーを

盛んに行なっているということを発見しました。

 

たこやきは速攻行動です。

 

感じたら頭で思ったり考える前に

行動しちゃいます。

 

だから失敗だらけです。

 

学習能力がない??(≧∇≦)

そんなことはさておき

 

プロジェクト・アドベンチャーの本部にもお邪魔し、

当時のスタッフにもいろいろ話を聞きました。

 

1994年の出来事です。

 

次にベバリーYMCAで学ぶために直談判です。

 

アポなしで門を叩き

当時のアドベンチャープログラム担当ディレクターに

「とにかく学びたい!」と訴えました。

 

そうファシリテーターの修行がそこから始まりました。

 

ベバリーYMCAには立派なロープスコースが

設備として整っていました。

 

Challenge Course Program

チャレンジコース・プログラムという総称で

様々な団体を対象にファシリテーションが

繰り広げられていました。

 

たこやきはshadowingと言って

見学から始まったのですが、

この見学もただの見学じゃぁないんです。

 

毎回プログラム終了後に行われる

ファシリテーター同志の振り返り中に

死ぬほど聞かれるんです。

 

「チックタック、あの時誰々はどんな表情をしていたか覚えているか?」

 

「Tick Tackあの場面で彼は何て発言したか覚えているか?」

 

Tick Tackというのは

私が向こうで呼ばれていたニックネームです。

 

大学で自分のアドバイザーだったDina Gentileが

たこやきはいつも「Tick Tack」という

フリスクみたいなミントアメをポケットに忍び込ませていたのと

 

Tick Tackという時計の音を意味する

秒針が進むように

いつも前向きで

とにかく前に前に進むから

チックタックと呼ばれたのがきっかけで

みんなからそう呼ばれていました。

 

ちなみにディナは

日本のプロジェクト・アドベンチャー

といえば尊敬するKAT難波さんと同じ

Spring Fieldという大学の大学院で彼と一緒に

学んでいた方で、後で聞いたら彼を覚えていました。

 

おもしろい繋がりですねぇ。

 

余談はさておき・・・

 

ファシリテーターは質問してきます。

 

「チックタック、私があるアクティビティの説明をしていた時に

私はどこに立っててどこからどこに移動したか覚えているか?」

 

ボーッと見学ではなく

まるでビデオを撮影しその記録をちゃんと

呼び覚ませるように記憶しメモもしまくる。

 

Shadowingというのはそういうもので、

集中を絶対途切らせず、ずっと洞察するんです。

 

数々のファシリテーターが

本当に優秀な方々ばっかりだったので

 

彼らの質問攻めは鋭いわけです。

 

恥ずかしながらいつも90パーセント

彼らの質問には答えられませんでした。

 

今までの人生でそんな洞察をしたこともないので

仕方ないでしょ。

 

Shadowingは修行で

洞察力を養う訓練の一つだったんです。

 

先ずは一人気になる人を

追いかけたりしました。

 

ファシリテーターの方が

「チックタック今日はお前の直感でなんとなく気になる人を

一人見つけて、その人を始終観察してみなさい」

 

「表情も言葉も小さな指先の動きや歩く歩幅も」

 

「声のトーンやその時々の大きさもしっかり追いかけなさい」

 

そんなことも指示されました。

 

他、

「チックタック今日はファシリテーターである俺をずっと追いかけなさい」

 

「俺の目の動き俺の表情、俺の向く方向俺の発する言葉」

 

「アクティビティの進め方説明の切り出し方」

 

「いつ俺が参加者から目をそらし、いつ彼らに背を向けるか」

 

素直に言われるがままに

純粋に

指示通りshadowingを実行しました。

 

とにかく楽しかったから続きました。

 

Shadowingばかりずっと続く修行

ほんまに楽しかった。

 

Shadowingじゃなくても

あなた自身が担当する現場で訓練できます。

 

その訓練を積み重ねていくと、

一瞬一瞬入ってくる情報と

その処理速度が少しずつ早く正確になります。

 

まるであの映画「ボーン・アイデンティティー」の

記憶を失ったジェイソン・ボーンが

 

瞬時に状況判断し

速攻脳内で計算処理し

難なく危機を切り抜けたたみ込む。

 

たこやきがジェイソン・ボーンになるためには

今日から70年くらい修行が必要です(≧∇≦)

 

「Shadowing」大事にしてください!

 

マハロ〜

たこやきより( ´ ▽ ` )ノ

 

もし興味がありましたら、「波多野貴史(たこやき)のメルマガ」仲間と一緒に登録してみてください。

波多野貴史(たこやき)のメルマガ登録画面


【メルマガ記事紹介➖その①】No. 3『初めて出会ったファシリテーターは“Psychology 101”心理学の教授』

去年の12月からメルマガをスタートしたんですが、毎回たくさんの方々が返信していただき本当に嬉しく感謝しています。

まだ「たこやきのメルマガ」に登録されていない方にもご紹介しようと思い、ブログを使って久しぶりに投稿します。

メルマガは読者のあなたと身近にコミュニケーションをとれるので本当に嬉しいです。

もし記事を読んで興味を持っていただいたならば、是非「たこやきのメルマガ」登録してくださいね。

もう登録されて楽しんでくださっているとしたら、是非あなたの周りのお仲間にシェアしてみてください。

あなたの周りの仲間がファシリテーター的な心で生活してもらえるようにあなたと私で仲間を広げたいと願っています。

波多野貴史(たこやき)のメルマガ登録画面

それでは、メルマガで配信した記事を続けて2つご紹介します。今回の記事は3回目に配信した記事で、続きになっている4回目の記事も明日ブログを通してご紹介します。少し長いですが是非お楽しみください。

 

No. 3『初めて出会ったファシリテーターは“Psychology 101”心理学の教授』

 

アロハ〜( ´ ▽ ` )ノ

たこやきです。

 

今でも鮮明に覚えているのは

たまたま自分がその地に降り立ったのが7月4日

アメリカ独立記念日の夜。

 

飛行機内の窓越しに目に映る盛大な花火が自分を大歓迎してくれた。

 

希望に満ち溢れた自分にアメリカが大きな心で受け入れてくれたような

そんな気持ちになりました。

 

1994年のある日

アメリカはマサチューセッツ州

ノースショアに位置するベバリー市(Beverly)

 

その町の小さな大学、エンディコット大学に一念発起して留学しました。

 

専攻はSports Management(スポーツマネージメント)

 

1回生の授業で心理学のクラスに入ったら、

教授が生徒みんなにいきなり机を後ろに移動させ

円になってと切り出したんです。

 

いまいち早口の英語に付いていけない自分も

周りのアメリカ人やインターナショナルの生徒たちを

追いかけるように真似ました。

 

 

リチャード教授はボールを一つ持って、

円になった我々学生の中からある学生の目をちゃんと見つめ

「Hi, my name is Dr. Richard」

 

教授は自分の名前を言ってニコッとして待ちます。

 

その学生は教授に自然と自分の名前を発した。

「Hello, my name is Bob」

 

すると教授は、持っていたボールを

その学生ボブに優しく投げました。

 

教授はその後沈黙

特に何も言わずに黙って優しい笑顔で立っています。

 

ボールを渡されたボブはしばらくボールを持ったまま

どうしたら良いのか分からず戸惑いながら

目をキョロキョロ

 

他の学生みんなを苦笑いしながら見渡すしかありません。

 

教授はニコッと優しい笑顔で黙って、立っています。

 

するとボールを持ったボブは、自然と教授がやったように

違う学生に向かって自分の名前を伝えたわけです

「Hi, I am Bob」

 

その学生は違和感なく普通にボールを持ったボブに

「Hi, I’m Beth」

 

教授がやった通りにボブがベスにボールを優しく投げた。

 

繰り返される。

 

自然に繰り返される。

 

4番目くらいの学生がボールを受け取った時

彼女は投げてくれた相手に

「Thanks」と

自然に普通に当たり前にお礼を伝えた

 

繰り返される。

 

何番目か忘れたが、ある学生がたこやきに対して

「Hi, I am John」

と言って自分を見つめるので

自然にごく普通に

「I am Taka」と伝え合う

 

ジョンはニコッとしてボールを丁寧にパスしてくれた

その丁寧なパスでボールをキャッチして

たこやきは普通に自然に

「Thank you very much, John」

 

ずっと繰り返され、ボールが1つずつ増えると笑いが上がり、

自分もそうだが、全員の心の中に

ワクワク

ドキドキ

スリル感が半端ない!

 

無邪気になったみんなとボールをパスし続け合う

 

時計の針がチクタク「Tick Tack」と刻まれるスピードで

みんなの見えない心の距離が知らない間に近づき

 

知らず知らずにふと気づいたら和やかな空気と空間

皆が名前を完璧に言い合い仲間意識が芽生えてた。

 

初日の心理学のクラスがそれだけで終わった。

 

教授は何も言わず

何も語らず、

「Oh, Time’s Up!」

「あ、時間が来たね!」

とみんなに伝えて教室を出て行った。

 

これがたこやきのファシリテーターとの

最初の最初の出会いだった。

 

この体験にはとても深い

とても素敵な人の心理が隠れていることに気づいてくれましたか?

 

ファシリテーターは自然な人の心理をちゃんと理解し

ちゃんと尊重しとても大切にして

 

上手に誰も違和感なくナチュラルになるよう

心地よい流れを生かしているのです。

 

もし相手の名前を知りたいなあと思ったら

「すみませんあなたのお名前は?」って聞くのではなく

 

「こんにちは!私、波多野って言います」

 

そしてニコッと相手を待ってみてほしい

 

自分の心から最初に開けば

相手も少し心を開こうかなと

ちょっとだけでも考えてくれる

 

そう心から信じて

 

マハロ〜

たこやきより( ´ ▽ ` )ノ

 

波多野貴史(たこやき)のメルマガ登録画面


来年1月16日(土)『新春☆彡たこやきのファシリテーター講座&座談会☆彡』参加費変更のお知らせ!

みなさん

こんにちは!

12月26日(土)の感謝祭&忘年会には

お陰様で20人以上の方が

遊びに来てくださることになりました。

師走の忙しい時期に

本当にありがとうございます。

参加される方は

動きやすい普段着で

ワンポイントだけ

男性は蝶ネクタイ

女性はリボン

でお願いしますね^ ^

 

【1月16日(土)イベント参加費変更のお知らせ】

2016年

第1発目のイベントに

なんと

未来のファシリテーターになる

大学生が早速参加表明してくださいました。

 

現役ファシリテーターではない

大学生の方々の意識の高さに驚いております。

 

そこで

大学生も来やすくするために

料金設定を変更しますので

お知らせします。

1月16日(土)の参加費を

懇親会合わせて

《10,000円》とさせていただきます。

 

さらに、

たこやきのメルマガに

登録している上で

参加してくださる方には

懇親会合わせて

《8,000円》に割引します!

 

たこやきのメルマガ登録は以下からおすすみください。

たこやきのメルマガ登録ページ

 

イベントの正式な申し込みは「こくちーずプロ」からお願いします。

1月16日イベントお知らせページ(こくちーずプロ)

 

_MG_5951

 


『波多野貴史(たこやき)のメルマガ』始めました( ´ ▽ ` )ノ

こんにちは。たこやきです( ´ ▽ ` )ノ

久しぶりのブログ記事、大変ご無沙汰してしまい申し訳ありません。

ある方のアドバイスとその方が与えてくれた勇気によりメルマガにチャレンジすることにしました。

_MG_9875

第1回目は先日12月1日(火)に配信させていただき簡単ではありますが、自分の自己紹介を少しさせていただきました。ありがたいことに、第1回目の返信をたくさんの方からいただき嬉しくって嬉しくって涙が止まりません …>_<…

これから努力してメルマガを継続し、コミュニケーションを大切にしていきたいと思っております。

もしご興味ありましたら是非是非

メルマガ登録をお願いします

以下のURLから簡単に登録が可能になっています。

これからも末長くご愛顧いただいますよう、宜しくお願いします。

メルマガ登録はこちらをクリック!

 

去年の夏から少しずつ色んな場所にお邪魔して素晴らしいご縁とネットワークを築きながらアドベンチャー教育やチームビルディングといった世界に飛び込むことができました。

長年その時々のいろんな事情や状況から実現できなかったチームビルディング・ファシリテーターとしての活動を今年4月から本格的に再開して、早半年以上が経ちました。

ブログ記事も不定期ではありましたが可能な限り自分の想いや体験談などをお伝えしてきました。

中には記事の情報や内容に対して気分を害したりご迷惑をおかけしたところが、自分の知りえないところで起きた可能性もあるかもしれません。その面に関しては真摯に素直に心からお詫び申し上げます。

大変申し訳ありませんでした。

そしてブログ記事をいつも楽しみにしてくださった皆様に、心から御礼申し上げます。

本当にありがとうございます。

繰り返しになりますが

これから『波多野貴史(たこやき)のメルマガ』でより皆様とコミュニケーションを大切にしていきたいと思いますので、是非

メルマガ登録を宜しくお願いします

メルマガ登録はこちらから

 

たこやきより( ´ ▽ ` )ノ


11月14日(土)残り1名のチャレンジャー募集!

秋真っ盛りで、本当に日々気持ち良いですねえ。

10月ももうすぐ終わろうとしている中、11月14日(土)に企画しているイベントの締切日が差し迫ってまいりました。

tw20151114_Front_rev02_small

まだ迷われているチャレンジャーのあなた!

勇気を出してお申込みください。

あなたにとって掛け替えのない有志たちとこの先お互いに相談しあえる絆を築き上げて、これからお互いに応援し合いながらレベルアップ&パワーアップを目指しましょう!

たこやきは、ファシリテーターの茨の道にあなたを一人ぼっちにはさせません!!

お待ちしております( ´ ▽ ` )ノ

11月14日イベントチラシ

正式な申込みは「こくちーずプロ」のイベントページ「チームビルディング・ファシリテーター・レベルアップ講座〜基礎編〜」から必ず申込み、所定の口座にお振込ください。以下のURLをクリックしてください。

こくちーずプロ「チームビルディング・ファシリテーター・レベルアップ講座〜基礎編〜」

 


12月26日(土)『tryworld Thanks Party;笑って許して〜!たこやきさんきゅー♪世界に向けてみんなでいこう会』に皆様ご招待!!

 

 

バナーデータ2

tryworld感謝祭&忘年会イベントチラシ

2001年の悲惨な9・11テロ事件をきっかけに13年間の海外生活に終止符を打ち、帰国後何度も独立起業するチャンスがありながらも自信がなく怖くて不安でやっていける覚悟もなく安定を求め世間体を気にしたり家庭の事情なども考えたり言い訳ばかりして、結局勇気を出せなかった自分がいました。

去年の夏に今始めなければ人生絶対後悔すると一大決心して不安の中一歩踏み出しました。

初心に戻るためにPAJ主催のABC講習会に参加し、そこで出会った参加者やトレーナーの方々から励まされて関西に戻り、どうすれば良いか分からないまま偶然誘っていただいた冒険教育研究会に出席し新たな出会いに感謝し、次々に出会う方々に不安で死にそうな自分を励ましていただきました。

大阪PACEという存在を知り、第1回目に参加できたことで素晴らしいファシリテーターの方々と出会い、東京八王子で開催されたアドベンチャー教育フェスタに関西から出席した自分は、凄い方々のエネルギーに圧倒されながらそこで知り合った方々に励まされ、アドバイスをたくさん頂戴して不安のまま2015年を迎えました。

2015年始まって3月まで雇用保険で何とか生活していたのですが、4月からは何とかしないといけないというタイミングで本当にいろいろな方々に声をかけていただき大好きなファシリテーションを通してお仕事を通してお役に立てている瞬間瞬間を実感しながら、出会うファシリテーターの皆様に本当に助けられました。

現在も不安の塊で、今後どうなるのかどうしたら良いのかも自信なく、何が正しい判断で何が成功に導くアクションかも分からず、ただただ皆さんとのご縁に感謝することしかできない今日この頃です。

2015年、心の底から皆様に感謝の気持ちを伝えたいという純粋な動機で今年最後のイベントを企画し、できる限り多くの方々に来ていただけるようご招待させていただきたいと思います。

FBイベント用ヘッダー画像

2015年12月26日(土)13:00〜17:30が感謝祭イベント、18:30〜忘年会

クリスマス会や忘年会など年末師走忙しい時期で、何人の方が参加可能か分からないのですが、皆様との出会いに感謝を込めて「tryworldプチ感謝祭&忘年会」を開催します。

題して『tryworld Thanks Party;笑って許して〜!たこやきさんきゅー♪世界に向けてみんなでいこう会』に皆様をご招待したいと思います。

特別な何かをするというわけではなく、皆様とゆっくり楽しく交流を深めながら語り合えればと思っております。参加者の皆様が学ぶ場でもない、純粋に楽しいゲームをしたりたわいもない事を語り合ったり、お互いにより絆を深めていきたいと思っております。

まだ予定が埋まってなく、今年最後たこやきと仲間達とわいわいガヤガヤするのも良いなあと思ってくださるご縁のあった皆様に是非参加していただきたく、ご招待させてください!

いつも通り正式な申込みは「こくちーずプロ」のイベントページ「tryworld Thanks Party;笑って許して〜!たこやきさんきゅー♪世界に向けてみんなでいこう会』よりお申し込みください。

tryworld Thanks Party〜笑って許して~!たこやきサンキュー☆世界に向けてみんなで行こう会~

 

毎年「tryworld大感謝祭」は恒例行事で行いたいと思っています、できれば来年から春先や秋の気持ち良い季節に企画します。今回はボーッとしすぎて思考停止が続いて良い季節を見逃してしまいました。申し訳ありません(⌒-⌒; )

こちら都合の勝手なイベントですが、今年最後のイベントできる限り多くの皆様とお会いできることを心から願っております。

どうぞ宜しくお願いします。


オール・イングリッシュ・ファシリテーション

関係者の皆様、今まで出会い自分をポジティブに受け入れてくださっている皆様、本当に有難うございます。そして、これからも本当にアドバイス&サポートのほど宜しくお願い致します。

今までもずっと約98%はブログやSNSでは公表していませんし、少しばかり公表しているものも許可を得ているもの以外は回数や場所そして対象となるクライアントなどは打ち明けることはできませんが、本当に様々な場所でお世話になりました。この「ネットリテラシー」の問題に関してはまだまだ自分も勉強してより意識を高めていかなければいけないことを反省しています。東西南北、本当にワクワクし続けていろいろな場所にお邪魔することができて、毎回参加者の皆様のために頑張れて本当に幸せです。

その中でも目立って依頼が多いのが、全て英語で行うチームビルディング・プログラムがやたら多かったです。海外の主要メンバーと日本の主要メンバー、海外のリーダーたちばかり、多国籍の方々、などなど、他にもいろいろなタイプのグループに対してオール・イングリッシュで行ったのが、本当に印象的で刺激的で、改めて異文化交流、Multi-Cultural Understandingプログラムの楽しさに魅了されました。

カナダやアメリカ、ハワイなど紛れもない多様性だらけの環境にどっぷり浸かって揉みくちゃにされながら生きた自分にとって、今回の異文化と多様性のごちゃ混ぜになった環境が本当に居心地が良かったです。なんでもそうかもしれませんが、モノ(Mono)はとてもつまらない気が自分はします。マルチ(Multi)が純粋に好きなのかもしれません。一つの社会や空間に本当に想像絶する生き方やファッションや考え方や習慣や文化を持った人たちがうじょうじょいるのは本当に楽しいし面白いし、自分の存在意義もしっかり意識したり考えたりします。凄まじい生き様の方と出会うと考えさせられます。生きるとは?人生とは?自分の本当の価値は?いろいろと深く考えます。

今回たくさんプログラムを通して多様性と異文化に触れました。海外で生活していた時もそうですが、多様で異なり過ぎな部分も多分なのですが、地球に生きる人間としての共通点も驚くほど感じます。ああ、自分もあの人も血の通った生身の人間で、一緒の気持ちになるんだ、一緒の考え方を持つんだ、世界共通ってあるんだなああ、と頭でなくこの自分の全身と心と魂でガンガン感じて自分の血となり肉となるんです。そりゃあそうです、13年間海外にぶらぶらしていたんですから、血となり肉となるくらい体験学習していたんでしょう。

peace-free

英語のみでのプログラムを行うと顕著に現れることがあります。日本人の様子です。

語学力だけの問題ではないように感じます。

日本の社会は何十年前から国際社会やグローバルな人材や国際的舞台に立てる国際人の育成という風なスローガンを言い続けているのでしょうか?一番最初にそんなことを社会で言われたのは西暦何年の頃なんでしょうか?そこから何十年経っているのでしょうか?

いろいろ考えさせられました。

自分にできる、自分がお役に立てることは何なのだろうか?

心の育成、自尊心や自己肯定感や自信や誇り、自己確立や日本人のルーツと誇り、そういった部分で少しでもお役に立てたらなあと実践しながら感じます。そして異文化交流、多様性の理解、世界平和 Peace Making Program、などなどこのチームビルディング・プログラムを通してもっともっとインターナショナルにお役に立ちたいと心から希望しています。

しっかりたこやき自身、自分を磨き続けないといけません!

Hands on a globe


先生たちのパワーに感動! パート3

もう朝晩は秋めいて風の涼しさや虫の鳴き声も秋っぽい感じになってきたある日の事です。

蓋を開けてみたら小学校の先生が多かったように感じましたが、そんな先生方のパワーに本当に感動しました。最後のレポートしたいと思います。

Continue Reading…